臥龍橋

京都、平安神宮内神苑、蒼龍池。
そこにかかる並ぶ飛び石たち。
〝龍の背にのって池に映る空の雲間を舞う〟
そんな気分を味わえるようにと作られた、
珊瑚島への橋。
その上で感じる、
何もない空に佇むような不思議な感覚。

自然を合わせ、作り上げる空間が、
現実と想像の狭間の世界に連れて行ってくれる。
日本の庭園って、どうしてこうも
創造的で幻想的で、刺激的なんだろうか。

庭の設計士達の想像力。
その場に存在しないもの。
この世に存在しないもの。
そんなものたちをまるであるかのように
表現し、創り上げる。

〝龍の背にのって池に映る空の雲間を舞う〟
なんてロマンチックなのだろう。
自然の中からインスピレーションを受ける。
それだけではきっとダメなんだろうな。
そこから更に想像を膨らませ、
芸術に変えていく。

私にインスピレーションをくれるもの。
私が私と向き合う場所。
私が私を知る場所。
それが私にとっての旅。
そしてそこで得た全て、
ネガティブもポジティブも
自分の心に取り込んで、受け入れる。
そして、自分のアートに生み出していく。
それが私のしたいこと。

だから、私は旅をするように生きていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA